【荒野行動】武器の距離減衰について解説します!

 

 

この記事では武器の距離減衰について解説しています。遠距離の敵と戦う時の参考にしてください。

 

 

 

目次

  1. 距離減衰とは
  2. 武器ごとの距離減衰
  3. 距離減衰の解釈
  4. まとめ

 

 

 

1.距離減衰とは

 

 

距離減衰とは距離が離れることでダメージが減少することを言います。近距離で戦う時には気にする必要はありませんが、中〜遠距離での戦闘では注意が必要です。初心者のうちは戦う距離が近いので知らなくても良いと思いますが、中級者以上を目指したい方は理解しておく方が良いです。

 

 

 

2.武器ごとの距離減衰

 

 

武器によって距離減衰の起きやすさが違います。例えば、短機関銃は近距離専門の武器なので50m〜100mくらいから距離減衰が発生してしまいます。次に距離減衰が起きやすいのは小銃で、最も距離減衰が起こりづらいのは狙撃銃です。また、狙撃銃の中には距離減衰を起こさない(もしくは無視できるレベルに小さい)ものもあります。距離減衰が発生するのはゴールデンクマ、CSLR4の2つです。距離減衰が発生しないのはKar98k、M1891、M24、AWMです。400m以上離れた敵を倒したい方は距離減衰がない狙撃銃を使った方が良いでしょう。

 

 

 

3.距離減衰の解釈

 

 

短機関銃は近距離専門

短機関銃は反動が小さいので序盤の戦いでは中距離の敵に対しても使うことがあるかもしれませんが、距離減衰がかかりやすいので基本的には近距離専門の武器と思って良いでしょう。

 

レベル3ヘルメットは強い

荒野行動でレベル3ヘルメットを1撃で抜ける狙撃銃はゴールデンクマ、CSLR4、AWMの3本しかありません。ですが、その内AWM以外は距離減衰が発生してしまって、200mほど離れてしまうとレベル3ヘルメットを抜けなくなってしまいます。また、AWMは補給箱からしか取ることができないので基本的に持っている人は少ないです。そう考えるとレベル3ヘルメットを拾ってしまえば1発で倒される危険がなくなることになります。ですので、レベル3ヘルメットを見つけたら必ず拾うようにしましょう。また、余分に見つけたら味方にも装備してもらうようにした方が良いと思います。

 

狙撃銃は微妙?

さっきの話と似ていますが、荒野行動では狙撃銃はそんなに強くないんじゃないかと思います。そもそも、敵の頭に1発で弾を当てるのが難しいのに当てても倒せない場合があるので狙撃に自信があるプレイヤー以外にはあまりオススメできません。もちろん、狙撃銃特有のメリットはあるので使っても良いのですが、安定して火力を出したいなら十分に練習を積む必要がありそうです。

 

 

 

4.まとめ

 

 

  • 距離減衰とは距離が離れることによってダメージが減少する事
  • 武器ごとに減衰するダメージが違う
  • 現実的に考えると狙撃銃はそんなに強くない
  • AWMは最強

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です