【荒野行動】武器一覧:MC-Xの基本性能!

 

本記事ではMC-Xの基本性能についてまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

目次

  1. MC-Xの基本情報
  2. MC-Xのダメージ表
  3. MC-Xの火力
  4. MC-Xの反動
  5. MC-Xのスコープ
  6. MC-Xのおすすめアタッチメント
  7. MC-Xに装着可能なアタッチメント
  8. まとめ

 

 

 

1.MC-Xの基本情報

 

 

武器種 小銃(アサルトライフル)
ダメージ量 48
射程 500
容量 30
反動 11
弾の種類 7.62mm

 

 

 

2.MC-Xのダメージ表

 

 

防弾着へのダメージと必要弾数

防弾着なし レベル1 レベル2 レベル3
48 34 29 22
3発 3発 4発 5発

 

ヘルメットへのダメージと必要弾数

ヘルメットなし レベル1 レベル2 レベル3
100 77 66 50
1発 2発 2発 2発

 

足へのダメージと必要弾数

膝上 膝下
21 19
5発 6発

 

 

 

3.MC-Xの火力

 

 

MC-XはAKAlpha同様、威力が48で連射速度がやや速いためキル速が他の小銃に比べて速い傾向にあります。反動はAK-47に比べると小さいですがAKAlphaと比べると大きいといった感じです。しかし、AKAlphaと同じで指切りをしても弾がバラけやすいので中距離の戦いでは少し使いづらい武器になるでしょう(HK50よりはマシ)。近距離でも弾がややバラつきやすいので慣れるまでは大変かもしれません。総合するとMC-Xも短機関銃のように使うか序盤だけ中距離用の武器とするのが良いと思います。それでも短機関銃に比べたらキル速は劣りますし、弾の容量も大きいので性能の高い短機関銃や小銃を見つけたらそれと交換した方が良いと思います。

 

 

 

4.MC-Xの反動

 

 

MC-Xの最初の反動は左上なので指切りの時は右下にリコイルコントロールするようにしましょう。しかし、他の小銃と比べて1点に弾を飛ばすのが難しいのであまり完璧な反動制御を目指さなくても良いと思います。

 

 

 

5.MC-Xのスコープ

 

 

MC-Xに標準装備されているスコープはAKAlpha同様少し見づらいので、中距離で使いたい場合はドットサイトを拾うようにしましょう。また、MC-Xでスコープを覗くと何もしなくても照準が揺れるようになっています。その揺れはAKAlphaよりも大きいので慣れるまでは相当使いづらいでしょう。

 

 

 

6.MC-Xのおすすめアタッチメント

 

 

MC-Xは反動が大きいので戦術ラス小銃補正器があると便利だと思います。また、中距離でも使いたい場合はドットサイトスコープがあった方が良いでしょう。リロードにかかる時間が少しだけ長いので、それが気になる方は迅速マガジンを持っておくのもアリだと思います。

 

 

 

7.MC-Xに装着可能なアタッチメント

 

 

スコープ

ドットサイトスコープ 2倍スコープ 4倍スコープ
8倍スコープ 15倍スコープ

 

銃口

小銃補正器 小銃消炎器 小銃消音器

 

マガジン

小銃迅速マガジン 小銃拡張マガジン 小銃迅速拡張マガジン

 

グリップ

戦術グリップ 戦術ラス

 

 

 

8.まとめ

 

 

MC-Xの基本性能についてまとめます。

  • MC-Xは7.62mmの弾を使う小銃(アサルトライフル)
  • 威力は高いが反動はAK-47より小さく連射速度も速いためキル速が速い
  • 指切りをしても弾がバラけやすい
  • 短機関銃ほどキル速は速くない
  • フルオートで撃つと弾がバラけやすい
  • 中距離で使いたいならドットサイトがあった方が良い

ぜひ参考にしてみてください。

Follow me!

【荒野行動】武器一覧:MC-Xの基本性能!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です