【荒野行動】遠距離で使うべき武器とその扱い方!

 

 

この記事では遠距離で使うべき武器とその扱い方について説明していきます。遠距離戦が苦手な方は是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

目次

  1. 遠距離で使うべき武器の種類
  2. 指切りとは
  3. おすすめの武器
  4. まとめ

 

 

 

1.遠距離で使うべき武器の種類

 

 

狙撃銃

狙撃銃は中遠距離専門の武器なので、もちろん遠距離では威力を発揮します。遠くの敵を見なければいけないので4倍スコープか8倍スコープをつけた状態でADS撃ち(スコープを覗いて撃つ)をしましょう。特に、8倍スコープは見つけたら必ず拾っておいた方がいいです。頭に当てれば1発で倒せることがほとんどなので、エイムに自信がある方なら使わない理由はないでしょう。しかし、遠くで動く敵に対してエイムを合わせるのは難しいですし、距離が離れるほど偏差が大きくなってくるのでかなり練習をしないと安定して火力を出すのは難しいでしょう。また、狙撃銃は車に圧力をかけるなどの面では役に立ちづらいですし、弾も容量が大きいので使い勝手が悪い面が多いです。ですので、狙撃銃が好きだったりエイムに自信がある場合以外は使わない方がいいでしょう。

 

小銃

小銃は近中距離で最も活躍する武器ですが、慣れてくれば遠距離の相手を倒すこともできます。その際に使われる技術が「指切り」と言うのですが、それを習得できれば基本的には小銃さえあればどんな状況でも戦えるようになります。上級者の方達が小銃を重宝するのはそういう理由です。敵が少し近い所にいるのであれば腰撃ち(スコープを覗かないで撃つ)でもいいですが、遠距離の場合はADS撃ちを使うようにしましょう。このときドットサイトがあると正確な射撃をすることができて便利です。

 

 

 

2.指切りとは

 

 

指切りとは弾を2,3発くらいに分けて連射する技術のことで、武器それぞれに必要とされるタップリズムやリコイル制御があります。一般的にM4A1とAK-47は2発指切りでそれ以外は3発指切り以上が良いとされているようです。指切りを使うメリットはフルオートと違って反動の向きが一定になるので、中遠距離でも敵を倒すことができることです。逆にフルオートより劣っている点は連射速度が落ちることで、近距離で使うことはあまりおすすめできません。これと同じことが2発指切りと3発指切りの間でも言えます。つまり、2発指切りの方が反動が安定しやすく遠くの敵にも当てやすいですが、3発指切りの方がキル速が速くなりやすいということです。また、2発指切りはタップリズムを速くしないといけないので慣れるまでは難しいかもしれません。

 

 

 

3.おすすめの武器

 

 

AWM

通常ドロップはしませんが補給箱から入手することができます。威力は狙撃銃の中で最高の132で相手が3レベルのヘルメットを被っていたとしても1発で倒すことができます。また、距離減衰(距離が離れると威力が下がる)が発生しないのでどんなに距離が離れていても威力が下がることはありません。ですので、狙撃銃を使うのが好きな方は見つけたら必ず拾うようにしましょう。文句なしの最強狙撃銃です。

 

CSLR4

通常ドロップの狙撃銃の中で最も威力が高い狙撃銃がCSLR4です。レベル3のヘルメットでも1発で倒せるのでかなり強力な武器です。しかし、距離が200m以上(厳密な数値ではない)離れると距離減衰(距離が離れると威力が下がる)によってレベル3ヘルメットを抜けなくなります。また、400m以上になるとレベル2ヘルメットでさえ抜けなくなります。ですので、超遠距離の敵を倒したいならM24やM1891を使うようにしましょう。

 

95式

95式は小銃の中でも威力がやや高いですし反動や枠ブレ(ADS撃ちの時の枠のブレ)も小さいので最も扱いやすい小銃と言えるでしょう。初心者の方でも射撃場で練習すれば比較的早く上達することができると思います。しかし、95式はドロップ率が少し低い武器なので練習を実践に生かすことができない場面が多いかもしれません。また、95式は左上反動の武器なのですが、ドロップ率が高い武器はだいたい右上反動武器なので実践で扱いづらい武器が増えるリスクもあります。もちろん、うまい方は右上反動の武器も左上反動の武器を扱うことができるのですが、初心者の方はそう簡単にはできないので95式が見つかるまでは中遠距離で戦わないか、味方にM4A1を使ってもらうかした方がいいと思います。

 

M16A4

M16A4は95式同様、左上反動の武器なので練習が活かしづらい傾向にありますが、反動が小さく集弾性が高いので使えるとかなり強力な武器になります。しかし、枠ブレが大きいので最初は戸惑うかもしれません。練習していくうちに慣れてくると思うので中遠距離が得意になりたい人は是非試してみてください。

 

S-ACR

全ての小銃の中で最も枠ブレが少ないのはS-ACRでしょう。相当タップリズムが狂わない限りは安定した射撃ができます。しかし、反動が少し大きいので慣れるまでは難しいかもしれません。また、M4A1やAK-47に比べて反動が垂直寄りなので注意が必要です。連射速度が遅いので火力が出づらいと言う

 

 

 

4.まとめ

 

 

遠距離で使うべき武器とその扱い方をまとめます。

  • 遠距離では狙撃銃か小銃を使おう
  • 狙撃銃なら4倍スコープか8倍スコープを付けよう
  • 小銃ならドットサイトを付けよう
  • 遠距離で戦う時はADS撃ちを使おう
  • 狙撃銃ならAWMかCSLR4がおすすめ
  • 小銃なら95式、M16A4、S-ACRがおすすめ

遠距離が苦手な人は是非参考にしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です