【荒野行動】動いてる敵に対してエイムを合わせるコツ!

 

 

今回の記事では動いてる敵に対してエイムを合わせるコツを紹介します。敵を倒せるパターンが増えると勝率がグンと上がると思います。エイムに自信がない方は是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

目次

  1. 敵の動きを予想しよう
  2. 自分も動きながら撃とう
  3. 偏差を意識しよう
  4. まとめ

 

 

 

コツは大まかに分けると3つあります。

 

1.敵の動きを予想しよう

 

 

1つ目は相手の動きを予想することです。動いている敵に対して見てからエイムを合わせようとすると、どうしても動きについて行きづらくなってしまいます。ですので、理想は敵の動きを完全に読むことだと思います。そうすれば、敵が動く先にエイムを置いておくことで正確に弾を当てることができるようになります。また、角から敵が出てくる時も置きエイムをしておくことで、若干瞬発力を必要としますが対処しやすくなります。敵の動きを予想するには強いポジションや強い動き方を把握しておく必要があるでしょう。例えば、「この建物はこのポジションが強い」とか「ここで展開されると厄介だな」といったような知識があれば敵の動きを読みやすくなります。

 

 

 

2.自分も動きながら撃とう

 

 

2つ目は自分も動きながら撃つことです。二本指の方向けに言うと、これは近距離での話です。右手だけで相手を追うのではなく左手も使って敵にエイムを合わせることで、動いている敵でも倒しやすくなります。このやり方なら低感度の人でもある程度速くエイムを合わせることが出来ます(至近距離はどうしても苦手になってしまうと思います)。敵が左から右に動いているなら自分も左から右に動きながら撃つといった感じです。考慮すべきなのは戦っている土地の凸凹です。真横に動いていたとしても土地に凹凸があればエイムは縦に動いてしまいます。ですので、土地の性質にも気を配ってエイムを合わせるようにしましょう。

 

 

 

3.偏差を意識しよう

 

 

3つ目は偏差を意識することです。これは中距離で生かせる技術です。敵が遠くにいる場合、敵の少し前に弾を撃たなければ命中しないと言うことは直感的にわかると思います(弾が到達している頃には敵が移動してしまっているから)。そのときにどれだけ前に撃つべきかは敵との距離で決まってきます。それを感覚的に覚えておくと敵が遠くに居ても倒すことが出来ます。練習場所として最適なのは射撃場でしょう。botや動く的で感覚を掴むのが良いと思います。注意して欲しいのはbotより人間の方が足が速いと言うことです。ですので、botと同じ偏差で人間を撃とうとすると当たりません。botで偏差の練習をするのは最初だけにした方がいいでしょう。その点、動く的は人間が走る速さと大体同じくらいなので練習になると思います。

 

補足練習

偏差とは少し違いますが指切りをしながら横にエイムをずらしていく練習もしておいた方がいいと思います。その方が横に動く敵の頭を正確に狙うことができるようになるでしょう。有名な練習は射撃場の屋根に沿って撃つと言うものです。最初はかなり難しいと思いますので気長に練習してみましょう。

 

 

 

4.まとめ

 

 

今回の内容をまとめます。

  • 敵の動きを予想しよう
  • 自分も動きながら撃とう
  • 偏差を意識しよう

動いている敵を倒すのは少し難しいですが、練習すれば確実にうまくなると思うので皆さん是非この記事を参考にして練習してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です