【荒野行動】ヘッドショットのコツを教えます!

 

 

今回の記事ではヘッドショットのコツについて簡単にまとめたいと思います。ヘッドショットのコツがわかれば打ち合いでの勝率がグッと上がるので、初心者の方は是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

目次

  1. ヘッドショットのメリット
  2. ヘッドショットのコツ
  3. 練習方法
  4. まとめ

 

 

 

1.ヘッドショットのメリット

 

 

まず、なぜヘッドショットを狙うのがいいのかについて説明します。結論から言うと、頭に当てた方がダメージ量が多いからです。頭のダメージは胴体のダメージの2.5倍なので、ヘッドショットを決めれたらかなり撃ち合いが有利にになります。敵を早く倒せる分、被弾を減らすことができるので体力が減っているときなどでも逆転できるチャンスができます。ですので、撃ち合いが発生したときはできるだけ頭を狙うようにしましょう。

 

 

 

2.ヘッドショットのコツ

 

 

ヘッドショットを狙う意味がわかったところで、ヘッドショットのコツについて解説します。

 

エイムの高さを頭に合わせよう

エイムの高さをあらかじめ高くしておけば横にスライドするだけでヘッドショットを決めることが出来ます。これは敵が現れたときに意識すると言うよりも、漁っているときや索敵しているときなどにも頭に入れて起きた方が突然敵が現れたときにも対応ができるようになるので、常に意識しておいた方がいいことだと思います。また、頭の高さは思ったよりも高いと思うので、最初のうちは若干高すぎるくらいにエイムを合わせておいた方がいいでしょう。

 

判定が右にズレていると言うことを知ろう

荒野行動の当たり判定は少し右にズレているので気をつける必要があります。右というのは撃つ側から見て右です。これを知っているとヘッドショットを決めやすくなります。エイムが苦手とという方は敵の右側を狙うようにすると楽に敵を倒せるようになるかもしれません。

 

射撃スコープ感度を下げよう

射撃スコープ感度とは射撃ボタンの感度のことです。射撃スコープ感度を下げれば撃ちながらエイムの微調整ができるようになるので、よりヘッドショットをしやすくなります。もちろん、個人差はあるので今の感度でうまくいっている方は無理に変える必要はありません。ですが、「最近エイムが合わない…」と思ったときにスランプを抜けるヒントになるかもしれないので頭に入れておきましょう。

 

 

 

3.練習方法

 

 

最後に、ヘッドショットを決めやすくなるための練習方法について紹介します。正直、意外な練習方法ではないと思いますがコツコツと毎日やれば必ずうまくなるので、頑張ってみてください。

 

射撃場でbotを倒す

まずは射撃場でヘッドショットすることを意識してbotを倒してみましょう。最初は正面から倒してもいいですが慣れてきたら横に動くbotを倒せるようになると理想的です。敵はまっすぐ自分の方に向かってくるだけではないのでいろいろな状況を想定して練習できると上達しやすいと思います。

 

メインストリートで練習

メインストリートは近距離戦の練習場所としてかなり優秀です。短い時間に何回も接敵できるので撃ち合いに強くなるでしょう。特に意識して欲しいのは敵がきそうなところにエイムを置いておくことです。そうすることでエイムを合わせる時間が短くなります。また、出来るだけヘッドショットで敵を倒せるようにしましょう。メインストリートでヘッドショットを決められたら、とりあえず第1段階クリアといった感じでしょう。

 

 

 

4.まとめ

 

 

今回の内容をまとめると

  • ヘッドショットを決めることができれば撃ち合いで勝ちやすくなる
  • ヘッドラインを意識しよう
  • 判定が右にずれていることを知ろう
  • 射撃スコープ感度を調節しよう
  • エイムはすぐには良くならないのでコツコツ練習しよう

といった感じです。近距離でも中距離でも頭に当てられればかなり有利になるので、皆さんも是非この記事を参考にして練習してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です