【荒野行動】狙撃に最適なスコープはこれだ!

 

 

今回の記事では狙撃の時にどのスコープを使った方がいいかについて、二本指プレイヤー向けに書いていこうと思います。三本指以上の方とプレイスタイルが違うため装備の考え方も違います。二本指勢は是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

目次

  1. それぞれのスコープの特徴
  2. 結論

 

 

 

1.それぞれのスコープの特徴

 

 

ドットサイトと2スコ

ドットサイトと2スコは狙撃銃につけられることはほとんどありません。なぜなら、対応できる距離が短すぎるからです。しかし、何もつけてないよりは狙いやすいと言うのが個人的な感想です。スコープなしの狙撃銃は照準がどこにあっているのかがイマイチわかりにくいと思います。ですので、降りる場所が敵と被ってしまって他に武器がない状況ならば狙撃銃にドットサイトや2スコをつけた方がいいでしょう。ちなみに、ゴールデンクマには4スコ以上しかつけられないので注意が必要です。

 

4スコ

ドロップ率がまあまあ高い割に性能も良いと言ったイメージです。iphoneだと200mくらいまでは余裕で狙えますがそこから徐々に見えづらくなっていきます。ipadならもう少し遠くまで見えるかもしれません。問題点としては200mくらいなら小銃で抜けると言うipad勢が存在すると言うことです。ですので、素早くエイムを合わせて撃つ練習をしていなければ逆に倒されてしまいます。その点に注意していれば優秀なスコープと言えるでしょう。

 

8スコ

8スコがあればかなり広い範囲に対応ができるようになります。8スコがあったら迷わず拾うべきでしょう。しかし、ドロップ率が低いため毎試合拾えると言うわけではありません。ですので、8スコに慣れ過ぎてしまうと実戦では能力が下がってしまうので注意が必要です。安定して勝つには物資があまり集まらなかったときのことも考える必要があるでしょう。

 

15スコ

15スコは通常ドロップしていないため補給箱からしか入手できません。しかも、補給箱を漁っても見つかることはかなり少ないです。ですので、基本的には使うことがないスコープでしょう。かなり遠くまで見える代わりに中距離に対応するのが少し難しい印象です。超ロングキルを決めたい方にはおすすめです。

 

 

 

2.結論

 

 

以上のことを踏まえるとこのような結論に至ります。

  • いつも狙撃銃を使う人は4スコを練習しよう
  • 試合の状況によって使いこなす人は8スコがおすすめ

理由を解説します。

 

いつも8スコを拾えるとは限らない

正直、狙撃することを考えると最も性能が高いのは8スコだと思います。しかし、8スコはいつも拾えるとは限りません。ですので、いつも狙撃銃を使っている方は4スコしか拾えないものと思って練習しておいた方がいいでしょう。もちろん、4スコも8スコも練習しておければ1番いいですが狙撃に時間を使いたくない方は4スコを特に練習するようにしましょう。4スコでの偏差を射撃場で確認しておくと実戦でも当たりやすいです。

 

8スコを見つけたときだけ狙撃を使うのもアリ

普段は狙撃銃を使わないけど8スコがあるときだけ狙撃をするのはアリだと思います。そういう方は射撃場では8スコの練習をしましょう。4スコの練習は特にしなくて大丈夫です。8スコの感度を調整したり偏差を覚えることに集中しましょう。瞬殺モードを使う方は射撃スコープ感度が重要なので必ず調整しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です