【荒野行動】二本指でのリーンのやり方!

 

 

今回の記事では二本指でもできるリーンのやり方や使える場面について書いていこうと思います。二本指だからと言ってキャラコンを諦めていた方は是非この記事を読んでリーンをマスターしてください。

 

 

 

目次

  1. リーンのメリット
  2. リーンのデメリット
  3. 二本指でのリーンのやり方
  4. 役立つかもしれないリーンの設定
  5. リーンを使うべき場面

 

 

 

1.リーンのメリット

 

 

頭だけ出して撃てる

リーンを使えば遮蔽物から頭だけを出して撃つ事ができるので被弾の数を減らす事ができます。その結果、受けるダメージを最低限に抑える事ができるというメリットがあります。遮蔽物を最大限に利用して立ち回れるのはとてもいい事です。

 

すぐに頭をしまえる

リーンを解除すればすぐに頭をしまう事ができるので射線管理がしやすいです。上手くやれば一方的に敵を撃つことができるのでかなり有効なキャラコンの1つと言えるでしょう。

 

 

 

2.リーンのデメリット

 

 

左リーンは弱い場面が多い

荒野行動の性質上、キャラクターの視点が右に寄っているので左リーンを遮蔽物に隠れながらしたとしても、体が相手から見えてしまいます。ですので、左リーンは使える場面がかなり限定的なキャラコンと言えます。練習するなら右リーンから練習するようにしましょう。

 

ずっと頭を出しているのは弱い

ずっとリーンを解除しないで撃つのはあまり意味がないでしょう。撃った後すぐに頭をしまえば被弾を減らすことができますが、そうでなければ体を出して撃つのとほとんど変わらないと思います。リーンをするときは基本的に3発程度撃ったら頭をしまうようにすると良いです。

 

移動スピードが下がる

伏せやしゃがみと同様、リーンをすると移動スピードが下がってしまいます。ですので、遮蔽物がない場所で使うのはほとんどの場合有効ではありません。あくまで射線管理の方法の1つと思っておいた方がいいでしょう。

 

解除に失敗すると面倒

伏せキャンと同じでキャンセルに失敗してしまうと厄介です。リーンボタンを連打しすぎるとキャンセルした後にもう一度リーンが発動してしまいます。ですので、リーンボタンがどれくらいの速さで反応するのかを予め把握しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

3.二本指でのリーンのやり方

 

 

リーンボタンは右側に持ってくる

リーンボタンは右側に置いておきましょう。「設定」→「操作設定」→「画面レイアウト」から設定できます。リーンボタンを右側に置くことで移動パッドから手を離さなくてもリーンを使うことができます。特にこだわりがない方はリーンボタンは右側にしましょう。

 

前に走ることでリーンを解除

リーンボタンを押すことでリーンを解除してもいいですが、そうすると右手がとても忙しくなってしまいます。ですので、二本指の方がリーンを解除する場合は移動パッドを利用するといいと思います。リーンの状態で走るとリーンが解除されます。二本指の方は是非覚えておいて欲しいです。

 

連続リーンは難しい?

相手との距離が大きい場合は2回連続でリーンをすることができるかもしれませんが、移動パッドでリーンをキャンセルする場合は連続でリーンをするのは少し難しいかもしれません。その点は少しハンデになってしまうでしょう。しかし、大体の場合は二本指でも問題はないような気がします。

 

 

 

4.役立つかもしれないリーンの設定

 

 

「横向きで自動スコープon」という設定があります。「設定」→「操作設定」→「基礎設定」で設定できます。ONにするとリーンボタンの押しただけでスコープを覗いてくれるようになります。敵が近い場合には邪魔になってしまう可能性がある設定なので役に立つかは人によると思います。また、狙撃の際に瞬殺モードが苦手な方は0Nにしておくと便利な場面があるかもしれません(例えば、遮蔽物から顔を出して素早く撃ちたいときなど)。

 

 

 

5.リーンを使うべき場面

 

 

対複数の時

対複数で勝つのはかなり難しいですが遮蔽物を利用すれば1VS1を作り出すことができます。そう言った場面で体を全て出すのではなくリーンを利用することで被弾を減らすことができれば、対複数でも勝てる可能性が出てきます。

 

遮蔽物が歪な形をしている時

例えばメインストリートの廃車のような遮蔽物の場合、リーンは役に立ちやすいです。この時のみ左リーンは存在する意味があると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です