【荒野行動】二本指でもできる指切りの方法!

 

 

今回の記事では二本指でもできる指切りの方法について書いていこうと思います。近距離である程度勝てるようになった方は読んでみると役に立つと思います。

 

 

 

目次

  1. 指切りは後回しでいい
  2. 指切りを使っていい場面
  3. 具体的な場面の例
  4. ドットサイトの感度を設定しよう
  5. 指切りのリズムは武器ごとに違う

 

 

 

1.指切りは後回しでいい

 

 

三本指以上のプレイヤーは指切りが上手くなるとそれを多くの場面で活用する事ができます。しかし、二本指の場合指切りを使うと動きながら撃つ事ができなくなってしまうので、使える場面は限定されてしまいます。ですので、指切りの練習をするのは後回しにしてしまっても大丈夫です。限定されると言っても全く使えないわけではないので余裕ができたら練習してみましょう。

 

 

 

2.指切りを使っていい場面

 

 

二本指の場合、指切りを使ってはいけない場面もあります。ですので、指切りを使ってもいい場面はどんな時かというのを最初に示しておきます。

 

遮蔽物が確保されている

しゃがんだり伏せたりしたらすぐに射線を切れるような遮蔽物が確保されている場合は指切りを使っても大丈夫です。敵が撃ってきたらすぐに隠れるように心がけましょう。

 

一方的に撃てる場合

遮蔽物がなくても敵がこちらに気付いていない場合は指切りを使ってもいいでしょう。しかし、短い時間で倒しきらなければ逆に狙われてしまうので倒せる自信がある時だけ撃つようにしましょう。

 

 

 

3.具体的な場面の例

 

 

中距離から漁夫の利を狙う場合

敵どうしが戦闘を行なっているとを少し遠くから見つけた時、戦闘が終わったくらいのところを見計らって中距離から撃つのは効果的です。敵は体力が減っている場合が多いので当てる弾数は少なくて済みますしこちらに気付いていない場合も多いので漁夫の利を得るチャンスです。

 

中距離で車を撃つ

中距離で車を撃つときも有効です。理想は運転席やタイヤを狙う事ですが最初のうちは車を爆破させることを狙っても良いでしょう。しかし、車から乗り出して撃ってくる人もいるので反撃を喰らわないように注意しましょう。

 

遮蔽物ありでの中距離の撃ち合い

遮蔽物があれば中距離でも撃ち合えます。岩や丘、建物を使えると戦いやすいです。敵から撃たれたらすぐに隠れるように意識しておかないと倒されてしまうので注意しましょう。

 

こちらに気付いていない徒歩の敵を狙う

戦闘などで車を失ってしまったチームを中距離から狙うときにも使えます。この場合も素早く敵を倒せなければ反撃をくらってしまうのでできるだけ速く倒すようにしましょう。エイムが合わなかったらすぐに撃ちやめることも大切です。

 

 

 

4.ドットサイトの感度を調節しよう

 

 

二本指の方はドットサイトを使う機会が少ないのであまり気にしていなかったかもしれませんが、指切りを使う場合ドットサイトの感度はかなり重要です。自分が得意な武器の反動を十分抑えられて、かつ、エイムがブレないような感度を見つけましょう。感度の設定は「設定」→「操作設定」→「感度設定」からできます。下の記事で詳しく感度について書いているので興味のある方はそちらも読んでみてください。

【荒野行動】感度の設定方法!最適な感度を見つけよう!

 

 

 

5.指切りのリズムは武器ごとに違う

 

 

最適な指切りのリズムは武器ごとに違います。また、撃ち方や使える場面は違いますがタップリズムは三本指以上の人と同じように考えても大丈夫です。ですので、YouTubeなどで調べてみてそれをもとに練習してみるといいでしょう。また、自分で研究してみても構いません。戦い方のバリエーションを増やしたい方はぜひ指切りを練習してみてください。

Follow me!

【荒野行動】二本指でもできる指切りの方法!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です