【荒野行動】勝ちやすくなる武器の組み合わせ!

 

 

今回の記事では最適な武器の組み合わせについて書いていこうと思います。それぞれの武器種の特徴を踏まえた上で説明していくので、初心者の方も是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

目次

  1. 武器種ごとの効果
  2. 持つべき武器種ランキング
  3. おすすめの組み合わせランキング
  4. まとめ

 

 

 

1.武器種ごとの効果

 

 

武器種ごとの特徴については下の記事で触れています。本記事ではその武器種を持つことで、どのように戦闘スタイルが変わるのかを書いていこうと思います。基本的な考えとしてメイン武器が小銃、それ以外はサブ武器となるようにしています。

【荒野行動】初心者でも使える最強武器トップ5!

 

散弾銃

散弾銃は一撃のダメージ量が大きい武器です。しかし、対応できる距離が非常に短く、連射武器と違って外した時にリカバリーが効きづらいです。なので、序盤の戦い以外では使用しないことをおすすめします。

 

短機関銃

短機関銃は反動が小さいので初心者でも扱いやすいです。また、連射速度が速いので小銃よりも速く敵を倒す事ができます。しかし、1発の威力が低いので当てなければいけない弾数が多くなってしまいます。ですので、敵の位置が分かり切っている建物内や塀裏の戦いなどでは強力な武器になりますが、開けた場所での戦いでは小銃の方が役に立つでしょう。

 

小銃

小銃は短機関銃に比べて反動が大きく初心者の方には扱いづらいかもしれません。しかし、1発の威力が高いので、敵を倒すのに必要な弾数が少なくて済みます。また、指切りを使えば中距離の敵にも対応ができます。初心者から中級者にレベルアップしたい方は小銃を使うといいでしょう。

 

狙撃銃

狙撃銃は対応距離を広げてくれる便利な武器です。しかし、狙撃銃を持つと近距離の火力が下がってしまうというデメリットがあります。ですので、リロードなしで複数の敵を倒す自信がない方にはおすすめできません。逆にエイムに自信があるなら狙撃銃を持つことをおすすめします。

 

 

 

2.持っておくべき武器種ランキング

 

 

順位 武器種
1位 小銃
2位 短機関銃
3位 狙撃銃
4位 散弾銃

 

あらゆる場面に対応ができる小銃はもちろん第1位です。短機関銃は持っていることで近中距離への対応力が大幅に下がることがないですし、至近距離での火力が上がる可能性もあるので第2位としました。狙撃銃は中遠距離の敵に対して高い威力を発揮しますが、そもそも当てるのが難しかったり、近距離の戦闘中に武器チェンジできなくなったりする弱点があるので第3位です。散弾銃は至近距離で高い威力を発揮しますが、使える場面が限定的なので中盤以降持っておく必要はあまりないと思っています。

 

 

3.おすすめの組み合わせランキング

 

 

1位:小銃+小銃

個人的には小銃2本が1番おすすめです。小銃を二本持っておけば近距離の火力が上がりますし、指切りで中距離にも対応ができます。短機関銃をもっておいた方が近距離には強そうですが、短機関銃が活躍するような場面は初動の戦闘くらいです。中盤くらいからは短機関銃の活躍の場は減っていきます。また、中距離の戦いでは近距離に比べてエイムを合わせるのが難しいので弾を多く消費してしまいます。なので、短機関銃の弾を持つくらいなら小銃の弾を持っておきたいのです。しかし、この組み合わせは安定感がある代わりに敵からしたら怖さがないと言う弱点があります。正直、狙撃銃を持っている敵は中距離以上では脅威ですし、短機関銃や散弾銃も近距離では非常に強力な武器になります。

 

2位:小銃+短機関銃

最も近距離の火力が出やすいのがこの組み合わせです。猛者の方達もよくゲリラ大会などでこの組み合わせを使っています。また、指切りを使えば小銃で中距離にも対応する事ができます。近距離と中距離にバランスが取れていて良いのですが、短機関銃は近距離でしか使わないのでどれくらい弾を持っておいたら良いかが難しいです。多く持ちすぎると勿体無いですし、少なすぎると後半に弾がなくなってしまうかもしれません。ですので、弾数の管理が面倒臭い人は小銃を2本持つようにしましょう。この組み合わせもかなりバランスが良いですが、小銃2本と同様、距離が離れている敵からしたら怖さがないという弱点があります。ですので、中距離以上の敵に対しての圧力を上げたい方は小銃や短機関銃を持つのではなく、狙撃銃を持っておくようにしましょう。

 

3位:小銃+狙撃銃

狙撃銃を持つ事でかなり対応できる範囲が広がります。また、狙撃銃を使うと上手くいけば一瞬で敵を倒すことができるので、相手にとってはかなり脅威になります。しかし、狙撃銃はそもそも当てるのが難しいので狙撃に自信がない人は使いこなせないでしょうし、近距離で武器チェンジができなくなるので複数の敵を倒さなければならない状況に対応するのは難しいです。また、倍率の高いスコープ(4倍スコープや8倍スコープ)がないと威力を発揮できないので物資が揃っていないうちは持っていてもあまり意味がありません。なので、チームで1本狙撃銃を持っておくというのがいいかもしれません。その際は狙撃の能力が最も高い人に狙撃銃を持ってもらいましょう。

 

4位:小銃+散弾銃

最もトリッキーな組み合わせがこれです。基本的にはあまりおすすめできませんが、散弾銃を当てるのが得意な人には向いているかもしれません。また、散弾銃はうまくやれば敵を1発で倒すことができるので、対複数の戦いに適しています。しかし、散弾銃は射程距離が短すぎるので初動以外で使えるタイミングは少ないでしょう。弾の容量も大きいので他の物資を持てなくなる可能性もあります。弱点の多い組み合わせですが散弾銃が好きな方にはおすすめです。

 

 

 

3.まとめ

 

 

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 安定するのは小銃2本
  • バリエーションを増やしたいなら短機関銃か狙撃銃を持とう
  • 散弾銃はよっぽど好きでない限り持たない方が良い

組み合わせに迷ったら小銃を2本持っておくことをおすすめします。自分に最適な組み合わせを見つけましょう。

Follow me!

【荒野行動】勝ちやすくなる武器の組み合わせ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です