【荒野行動】武器一覧:SVDの基本性能!

 

 

今回の記事ではSVDの基本性能について書いていこうと思います。

 

 

 

目次

  1. SVDの基本情報
  2. SVDのダメージ表
  3. SVDの火力
  4. 他の武器との比較
  5. SVDの反動
  6. SVDのおすすめアタッチメント
  7. SVDに装着可能なアタッチメント
  8. まとめ

 

 

 

1.SVDの基本情報

 

 

武器種 狙撃銃
ダメージ量 55
射程 550
容量 10
反動 15
弾の種類 狙撃銃の弾

 

 

 

2.SVDのダメージ表

 

 

防弾着へのダメージと必要弾数

防弾着なし レベル1 レベル2 レベル3
71 50 43 32
2発 2発 3発 4発

 

ヘルメットへのダメージと必要弾数

ヘルメットなし レベル1 レベル2 レベル3
100 89 76 57
1発 2発 2発 2発

 

足へのダメージと必要弾数

膝上 膝下
24 22
5発 5発

 

 

 

3.SVDの火力

 

 

SVDは連射ができる狙撃銃の一種です。単発の狙撃銃と比べて威力は劣りますが連射ができる分、敵に弾を当てやすくなっています。ドットサイトをつければ小銃(アサルトライフル)の代わりのような感じで中距離の敵を倒すことができます。SVDはつけられるアタッチメントが多いので終盤になるに連れて火力が高くなっていく武器と言えます。ただ、近距離でも使うことができる小銃と比べるとどうしても拾うメリットが少ない武器だと思います。ですので、中盤以降は活躍する場面が減っていくと思いますが序盤の戦闘では役に立つことも多い武器と言えるでしょう。

 

 

 

4.他の武器との比較

 

 

SVDと似ている武器で88式というものがあります。88式はSVDより威力が1低いものの、反動回復が早かったりリロードにかかる時間が短かったりするので総合してみると88式の方が性能が高いように感じます。しかし、カスタム幅はSVDの方が広いのでフルカスタムの時はSVDも威力を発揮するでしょう。基本的には88式を使ってアタッチメントが揃っているときはSVDでも良いといった感じです。

 

 

 

5.SVDの反動

 

 

SVDの反動方向は左上なので指切りをするときは右下にリコイルコントロールするようにしましょう。連射速度が遅い分、小銃(アサルトライフル)と同じ感覚でリコイルコントロールをしてしまうと抑え過ぎになってしまうので気をつけましょう。

 

 

 

6.SVDのおすすめアタッチメント

 

 

SVDを終盤まで使いたいならドットサイトスコープと拡張マガジンは必要だと思います。中距離以上が主戦場となる武器なのでドットサイトはほぼ必須と言えます。また、容量が最初のままだと10しかなくすぐに撃ち切ってしまうといった印象があるので拡張マガジンもおすすめです。SVDの反動は88式と比べると大きいですが、小銃と比べると明らかに小さいので銃口パーツやグリップは必須ではありません。しかし、より正確な射撃を求めるならば付けてみても良いと思います。

 

 

 

7.SVDに装着可能なアタッチメント

 

 

スコープ

ドットサイトスコープ 2倍スコープ 4倍スコープ
8倍スコープ 15倍スコープ

 

銃口

狙撃銃補正器 狙撃銃消炎器 狙撃銃消音器

 

マガジン

狙撃銃迅速マガジン 狙撃銃拡張マガジン 狙撃銃迅速拡張マガジン

 

グリップ

戦術グリップ 戦術ラス

 

 

 

8.まとめ

 

 

SVDについてまとめます。

  • SVDは連射ができる狙撃銃の一種
  • カスタム幅が広い
  • 88式と比べると反動が大きい
  • 小銃の下位互換

初動の戦闘では活躍できる場面が多いと思うので是非使ってみてください。

Follow me!

【荒野行動】武器一覧:SVDの基本性能!” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です