【荒野行動】武器一覧:S-ACRの基本性能!

 

 

今回の記事ではS-ACRの基本性能について書いていきたいと思います。

 

 

 

目次

  1. S-ACRの基本情報
  2. S-ACRのダメージ表
  3. S-ACRの火力
  4. 他の武器との比較
  5. S-ACRの反動
  6. S-ACRのおすすめアタッチメント
  7. S-ACRに装着可能なアタッチメント
  8. まとめ

 

 

 

1.S-ACRの基本情報

 

 

武器種 小銃(アサルトライフル)
ダメージ量 41
射程 550
容量 30
反動 11
弾の種類 5.56mm

 

 

 

2.S-ACRのダメージ表

 

 

防弾着へのダメージと必要弾数

防弾着なし レベル1 レベル2 レベル3
41 29 25 19
3発 4発 4発 6発

 

ヘルメットへのダメージと必要弾数

ヘルメットなし レベル1 レベル2 レベル3
94 66 57 43
2発 2発 2発 3発

 

足へのダメージと必要弾数

膝上 膝下
18 16
6発 7発

 

 

 

3.S-ACRの火力

 

 

S-ACRの最大の長所は指切りのしやすさです。枠ブレが小さいので初心者でも狙いを定めやすいと思います。また、連射速度が遅いのでタップリズムも早くしなくて済みます。中距離で安定した火力を出したい方にはおすすめの武器と言えます。しかし、連射速度が遅い割に威力は低いのでキル速はあまり速くありません。さらに、反動自体は大きいのでフルオートでの射撃は安定しづらいと思います。

 

 

 

4.他の武器との比較

 

 

S-ACRは火力の高さで言うと他の小銃に劣っていると思います。キル速が遅いので近距離の撃ち合いで勝ちづらいこともあるかもしれません。しかし、中距離での安定感は小銃の中でもトップクラスです。指切りの習得難易度も低めなので初心者の方が初めて指切りを覚えるのにもちょうどいいと思います。

 

 

 

5.S-ACRの反動

 

 

S-ACRの最初の反動は右上なので指切りの際は左下にリコイルコントロールするようにしましょう。M4A1と比べて垂直に近い反動なので注意が必要です。反動自体は少し大きめなのでしっかり反動を抑えるように意識すると良いです。

 

 

 

6.S-ACRのおすすめアタッチメント

 

 

S-ACRは反動が大きいので補正器か戦術ラスがあると良いと思います。それがなければ消炎器か戦術グリップでも構いません。最初からついているスコープが結構見やすいのでドットサイトスコープはなくても大丈夫です。

 

 

 

7.S-ACRに装着可能なアタッチメント

 

 

スコープ

ドットサイトスコープ 2倍スコープ 4倍スコープ
8倍スコープ 15倍スコープ

 

銃口

小銃補正器 小銃消炎器 小銃消音器

 

マガジン

小銃迅速マガジン 小銃拡張マガジン 小銃迅速拡張マガジン

 

グリップ

戦術グリップ 戦術ラス

 

 

 

8.まとめ

 

 

S-ACRについてまとめます。

  • S-ACRは中距離での安定感は高いがキル速は遅い
  • 反動自体は大きい
  • 指切りの難易度が低いので初心者の方にもおすすめ

火力がとても高い武器というわけではありませんが使用難易度は低いので初心者の方も是非試してみてください。

Follow me!

【荒野行動】武器一覧:S-ACRの基本性能!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です