【荒野行動】武器一覧:種類別おすすめの武器ランキング!

 

 

 

今回の記事では武器の強さをランク付けしてみました。武器の種類別にまとめているので、それぞれのランキング上位の武器を使うことをオススメします。

 

 

 

目次

  1. 短機関銃
  2. 小銃
  3. 狙撃銃
  4. 散弾銃
  5. 副武器
  6. 近接武器
  7. 爆弾系
  8. まとめ

 

 

 

1.短機関銃

 

 

短機関銃は反動が小さく連射速度が速いことが特徴です。キル速(敵を倒すまでの速さ)が速い武器が多いので近距離で火力を発揮しやすいでしょう。デメリットは射程距離が短いことで、中距離の戦いでは活躍の場はあまりないと言えます。また、弾1発によるダメージ量も少ないのでたくさん弾を敵に当てないと倒すことができないのも弱点の1つです。

 

順位 武器名
1位 トンプソン
2位 MP5
3位 05式
4位 MK60
5位 MK5
6位 95式軽機関銃
7位 P90
8位 UZI

 

短機関銃のランキングはキル速の速さをもとに決めました。MK60のキル速は05式よりも若干速い場合が多そうなのですが、MK60は反動がやや大きいせいで弾がバラつきやすかったり、リロードに7秒もかかってしまったりする点から使い勝手が悪いと判断して第4位としました。

 

 

 

2.小銃

 

 

小銃は連射ができて射程距離の長いので近距離から中距離の戦いで活躍する武器です。上級者になると400mほど離れた敵でも小銃で倒せるようになるので、必ず1本は持っておきたい万能武器と言えるでしょう。小銃のランキングは「初心者・上級者向け」と「中級者向け」で分けました。

 

初心者・上級者向け

順位 武器名
1位 AUG
2位 95式
3位 M16A4
4位 M4A1
5位 S-ACR
6位 AK-47
7位 89式
8位 M27
9位 MC-X
10位 AKAlpha
11位 HK50
12位 81式
13位 ADS水陸両用銃
14位 APS水陸両用銃

 

初心者・上級者向けのランキングでは反動が抑えやすくて火力が出やすいものを上位に置いています。特に、火力の方を重視しています。AK-47はS-ACRと比べて火力が出やすいですが、7.62mmの弾を使う銃より5.56mmの弾を使う銃の方が使い勝手が良く、弾の容量も小さいので終盤まで持っておきやすいと思うので第6位としました。89式は反動を抑えやすく火力も申し分ないですが、伏せたときに二脚(バイポット)が開いてしまいます。このおかげで反動は抑えやすくなるのですが、立ち上がるのに時間がかかってしまうので伏せ撃ちや伏せキャンなどがとてもやりづらくなります。この点を踏まえると使い勝手が少々悪いと言えるので第7位としました。81式は「三連モード」の火力が非常に高いのですが、三連モードにすると反動がとても大きくなってしまいます。それを抑えるために感度を上げると他の小銃が使いづらくなってしまうので81式を使うなら「81式専門家」になるしかないでしょう。つまり、81式を上手くなろうとすると他の小銃を使えなくなる可能性が高いので第12位としました。

 

中級者向け

順位 武器名
1位 M4A1
2位 S-ACR
3位 AK-47
4位 89式
5位 AUG
6位 95式
7位 M16A4
8位 M27
9位 MC-X
10位 AKAlpha
11位 HK50
12位 81式
13位 ADS水陸両用銃
14位 APS水陸両用銃

 

中級者向けのランキングでは反動の抑えやすさを特に重視しました。武器の中には「右上反動武器」と「左上反動武器」があります(反動が垂直のものもありますが例外的です。)。これは指切り(弾を2,3発ずつ分けて撃つことで反動の大きさや向きを安定させる技術)の時にどの方向に反動が上がっていくかという意味で、どちらの反動の武器も使いこねせるのが理想的です。しかし、両方の武器を完璧に使いこなすのはかなり難しく練習が必要です。練習にかける時間が多い上級者の方は使いこなすことができるでしょうし、中距離での戦いが頻繁には起こらない初心者の方は得意な武器を拾うまで中距離で戦わないという判断ができるでしょう。ですが、中級者の方は練習時間が足りないでしょうし、中距離の戦いも頻繁に行うので反動方向を気にせずに武器を選ぶことはできません。ですので、中級者の方はどちらかの反動の武器を集中的に練習した方が良いと思います。また、ドロップ率が高い小銃は大体右上反動の武器です(M4A1、S-ACR、AK-47)。つまり、中級者の方が安定して得意な武器を拾いたいなら右上反動の武器を持った方が良いのです。このランキングではそのことが考慮されているので上位には右上反動の武器が並んでいます。

 

 

 

3.狙撃銃

 

 

狙撃銃は中遠距離専門の武器です。連射性能が低いので近距離戦には向きませんが、1発の威力が高いのでほとんどの場合頭に当てれば一瞬で敵を倒すことができます。ある程度連射ができる狙撃銃(88式、SVD、56式、Val)もありますが、連射ができる代わりに威力が低くなっているのでそれらの武器では1発で敵を倒すことはできないです(ヘルメット無しの敵を除く)。

 

順位 武器名
1位 AWM
2位 ゴールデンクマ
3位 CSLR4
4位 M1891
5位 M24
6位 Kar98k
7位 88式
8位 SVD
9位 56式
10位 Val

 

狙撃銃のランキングでは威力の高さを重視しました。CSLR4はゴールデンクマよりも威力が高いですがほとんど差はないと言っていいでしょう。また、ゴールデンクマは連射性能が高いので2発目をすぐ撃つことができて使い勝手が良いので順位を上げました。M1891の順位がM24より高いのも同じ理由です。連射できる狙撃銃は使い方的に小銃の下位互換といった感じなので順位を下げています。荒野行動の武器には距離減衰(距離が離れると威力が下がる)するものがあります。ゴールデンクマとCSLR4には距離減衰がかかるのですが具体的な数値で言うと200m付近でレベル3ヘルメットの敵を抜けなくなります。また、400m付近でレベル2ヘルメットの敵が抜けなくなります。しかし、400m先の敵を狙撃できることはほとんどないでしょう。そう考えるとゴールデンクマとCSLR4は基本的にレベル2のヘルメットを抜けるし、レベル3ヘルメットも抜けるかもしれないので狙撃銃としては強い部類と言えます。ただ、400m以上のキルをしたい方にはゴールデンクマとCSLR4はおすすめできません。ちなみに、AWMは補給箱からしか入手できませんがレベル3ヘルメットの敵でも倒せますし、距離減衰が発生しないので最強の狙撃銃と言っても差し支えないでしょう。

 

 

 

4.散弾銃

 

散弾銃は連射ができませんが、1度に大量の弾を発射することで高火力を実現することができる武器です。射程距離が非常に短いため近距離戦でしか使えず、外してしまった時にリカバリーばしづらいという弱点があります。

 

 

順位 武器名
1位 M860
2位 SK12
3位 M88C

 

散弾銃のランキングでは使いやすさを重視しています。M88Cは威力と射程距離の面では優秀ですが弾数が2しかないのでハズしてしまった時のリスクが大きいのが弱点です。SK12は連射がしやすく弾数も多いですが威力と射程距離が弱点になってしまいます。1番バランスが取れているのがM860と言えるでしょう。

 

 

 

5.副武器

 

 

副武器とは上記の4つのどれにも分類されない武器のことで、拳銃とクロスボウが挙げられます。火力は微妙ですが何も武器がない時はこれらで戦う必要があるかもしれません。

 

順位 武器名
1位 M1917
2位 P9
3位 クロスボウ

 

クロスボウは1度外してしまうと次の弾を撃つまでに時間がかかってしまうので、安定して火力を出すのは難しいでしょう。拳銃ではP9よりもM1917の方が威力が高いので敵を倒しやすいと言えます。

 

 

 

6.近接武器

 

 

近接武器とは銃のように離れた敵を攻撃するのではなく近くにいる敵にのみ攻撃ができる武器のことです。打ち刀が最もわかりやすい例と言えるでしょう。近接武器は基本的には使いたくないですが、武器が何もない時には使わざるを得ません。また、至近距離であれば銃を持って戦うよりも有利になる場合もあるのでどの武器が強いのかを把握しておくことをオススメします。

 

順位 武器名
1位 レンガ
2位 打ち刀
3位
4位 シャベル

 

近接武器のランキングでは威力の高さを重視しました。銛と打ち刀は同威力ですが、銛は攻撃モーションが若干遅く敵に攻撃を当てるのが少し難しいので順位を下げています。

 

 

 

7.爆弾系

 

 

本記事では手榴弾、ガス弾、C4爆弾、発煙弾、閃光弾の5つを「爆弾系の武器」として括ることにします。爆弾系の武器は使い方によっては不利な状況を有利に変えたり、銃ではダメージを与えられない状況でもダメージを与えることができたりします。しかし、総じてリュックの容量を消費しやすいので持ちすぎには注意しましょう。

 

順位 武器名
1位 発煙弾
2位 手榴弾
3位 ガス弾
4位 C4爆弾
5位 閃光弾

 

発煙弾はゲリラ大会などでは必ず必要になってきます。終盤戦になると遮蔽物が減ってくるので全方向から射線を切るのは難しくなってきますが、発煙弾をうまく使えば射線を切りやすくなります。通常マッチでは必ず必要というわけではないでしょうが、「このままではやられる」と思った場面でも発煙弾を使うことでなんとかなったりするので持っておいた方が安心です。ガス弾は手榴弾ほどピンポイントに狙わなくても敵にダメージを与えることができますが、その攻撃によって状況を大幅に有利にしようとすると何個もガス弾を使わなければいけません。その点、手榴弾は一瞬で大きなダメージを与えることができるので、一気に戦況を有利にすることができます。その点を踏まえて第2位は手榴弾、第3位はガス弾としました。C4爆弾は威力は高いですが使い方が限定されてくるので第4位です。閃光弾は敵に当てるのが結構難しいので第5位としました。

 

 

 

8.まとめ

 

 

本記事の内容からオススメの武器をまとめます。

  • 短機関銃ならトンプソン、MP5、05式
  • 小銃なら95式(初心者・上級者向け)かM4A1(中級者向け)
  • 狙撃銃ならゴールデンクマ、CSLR4、AWM
  • 散弾銃ならM860
  • 副武器ならM1917
  • 近接武器ならレンガ
  • 発煙弾は多めに持っておこう

是非参考にしてみてください。

Follow me!

【荒野行動】武器一覧:種類別おすすめの武器ランキング!” に対して20件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です