【荒野行動】二本指勢にとって最も重要な立ち回りの5つのポイント!!

 

 

今回の記事では二本指の方が特に注意すべき立ち回りについて5つのポイントに絞ってお話ししていきたいと思います。以前の記事でも二本指全般に関しては軽く触れていますが、今回はその中でも立ち回りについて詳しく解説していきます。

 

 

 

目次

  1. 二本指勢にとって最も重要な立ち回りの5つのポイント
  2. まとめ

 

 

 

1.二本指勢にとって最も重要な立ち回りの5つのポイント

 

車を守る

これは二本指でなくても重要なことですが、二本指の方にとっては特に大事だと思っています。二本指勢は中距離の勝負が苦手です。しかし、車を失えば中距離の勝負を仕掛けられやすくなります。例えば、徒歩での移動中に建物の中や高台から撃たれれば、逃げるのはかなり難しいです。相手はこちらの位置を把握していますし、こちらは車がないので移動が遅いです。そうなると戦うしかなくなってしまいます。もちろん、射線を切りながら逃げることができればいいですが、場合によっては難しいです。ですので、車は何としてでも守りましょう。車を止める時は周りから射線が切れているかをよく確認しましょう。岩や丘、山などを利用すれば建物がない場所でも車を守ることが出来ます。

 

ガソリンを多めに持つ

これは1つ目と関連しています。いくら車が守れていても動かせなければ意味がありません。ガソリンスタンドを利用してもいいですが、敵が待っていたりガソリンスタンドが遠い時もあるので、ガソリンは多めに持っておくようにしましょう。車1台あたり2個か3個あれば十分です。バックに容量が少ない場合はチームの誰かに持ってもらうといいでしょう。また、どうしてもバックに入らない時には多少ガソリンが無駄になってしまってもいいので、その場で車にガソリンを入れてしまいましょう。他に強い物資がない場合はガソリンを優先してもいいですが、弾などの必須物資を捨ててまで持つ必要はないです。

 

勝算のない中距離の勝負はしない

先ほど言った通り、二本指勢は中距離が苦手です。ですので、積極的に中距離の勝負を仕掛けに行くと負けやすくなってしまいます。安地の関係などで必ず戦わなければならない場合は仕方ないですが、基本的には中距離の戦いは避けるか仲間に任せてしまった方がいいでしょう。特に、敵を見つけたらすぐに撃つという癖がついてしまっている方は注意しましょう。どうしても中距離で戦わなくてはならない時は1つ遮蔽物を用意するといいでしょう。そうすれば動かなくても中距離を戦えるようになるのでおすすめです。しかし、撃ち返されたらすぐに伏せたりしゃがんだりして隠れることを意識しておきましょう。

 

発煙弾を多めに持つ

発煙弾は煙を出すことができる投げ物のことです。これを使うと敵の射線を切ることができるので、回復をしたい時や敵の裏に回りたい時に使用されます。これを使えば中距離の勝負から逃げやすくなります。また、発煙弾は汎用性が高いものなので多めに持っていても損はないでしょう。手榴弾やガス弾との割合は自分がどんな戦い方をしたいのかで決めてください。発煙弾以外の投げものは1試合に何個も投げる機会があるわけではないと思うので持ち過ぎには注意しましょう。

 

敵の裏をとる

中距離では戦いづらいですが、裏から回って接近することができれば近距離の勝負に持ち込むか、中距離でも一方的に撃てるような状況を作ることができます。そうすれば二本指の方でも活躍することができるでしょう。この時、敵から射線を切って動くことを意識しましょう。また、チーム全員で裏を取るというよりは、何人かが敵にバレないように裏をとる方が無難でしょう。二本指の方は常に相手の裏を取れないか考えながら戦うといいと思います。

 

 

 

2.まとめ

 

 

終盤になってくると安地の残り方で有利不利が決まってきます。建物が多く残っていれば近距離で戦えるかもしれませんが、見晴らしがいい場所になってしまうと中距離で戦うことになる可能性が高くなってしまいます。そういった状況を踏まえて戦況を読んで、不利だと判断したら無理をしないのが大切です。極力接敵しないように立ち回れば不利な状況を打開できるかもしれません。皆さんも二本指勢が得意なことと苦手なことを把握した上で立ち回ってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です