【荒野行動】武器一覧:05式の基本性能!

 

 

今回の記事では05式の基本性能具体的にどんな場面で使えるのかなどを解説していきます。05式は短機関銃の一種ですが、他の短機関銃と比べて特殊な点がいくつかあるので、それらを伝えていきたいと思います。

 

 

 

目次

  1. 05式の基本情報
  2. 05式のダメージ表
  3. 05式の火力
  4. 他の短機関銃との比較
  5. 05式の反動
  6. 05式のおすすめアタッチメント
  7. 05式に装着可能なアタッチメント
  8. まとめ

 

 

 

1.05式の基本情報

 

 

武器種 短機関銃(サブマシンガン)
ダメージ量 30
射程 250
容量 40
反動 6
弾の種類 9mm

 

 

 

2.05式のダメージ表

 

 

防弾着へのダメージと必要弾数

防弾着なし レベル1 レベル2 レベル3
30 21 18 14
4発 5発 6発 8発

 

ヘルメットへのダメージと必要弾数

ヘルメットなし レベル1 レベル2 レベル3
69 49 42 32
2発 3発 3発 4発

 

足へのダメージと必要弾数

膝上 膝下
22 18
5発
6発

 

 

 

3.05式の火力

 

 

05式は威力が30と少し低めですが連射速度がトップクラスに速いので、結果的にはキル速が速い武器となっています。また、最初から容量が40なので敵が多い場面でも対応ができそうです。それ以外にも、05式には最初から消音器がついています。それによって敵にこちらの位置を悟られずに戦うことができるようになります。さらに、05式は射程が短機関銃の割に長いのでタップ撃ちなどを使えば中距離での撃ち合いにも多少対応ができます。しかし、遠距離の敵に対しては使えないので注意しましょう。また、最初から消音器がついているのはいいですが、そのせいで補正器などをつけることが出来ないので反動を抑えるのが苦手な方は使いづらいかもしれません。他にもリロードが若干遅いと言う弱点もあります。近距離での性能で言うとMP5よりは弱くMK5よりは強いといった印象です。

 

 

 

 

4.他の短機関銃との比較

 

 

トンプソンやMP5と比べるとキル速が遅いですが、中距離にも対応しやすいと言う意味では他の短機関銃よりも優れています。また、容量が40あるのも近距離戦では役に立つでしょう。

 

 

 

5.05式の反動

 

 

05式は最初の反動が左上に上がっていくので、タップ撃ちや指切りをするときは右下にリコイルコントロールをすると良いでしょう。また、遠くの敵を正確に狙いたい時は単発撃ちに切り替えると反動が抑えやすくなります。しかし、小銃があればそちらの方が中距離の性能が高いので中盤以降は短機関銃は近距離専門の武器として使った方が良いと思います。

 

 

 

6.05式のおすすめアタッチメント

 

 

基本的にアタッチメントなしでも使いやすい武器だと思います。しかし、反動が他の短機関銃と比べると大きいのでそれを抑えるために戦術ラスをつけておいても良いと思います。また、リロードの遅さが気になる場合は迅速マガジンをつけておくと良いでしょう。序盤の戦いで中距離の敵を相手器したい場合はドットサイトスコープがあると便利です。

 

 

 

7.05式に装着可能なアタッチメント

 

 

スコープ

ドットサイトスコープ 2倍スコープ 4倍スコープ

 

マガジン 

短機関銃迅速マガジン 短機関銃拡張マガジン 短機関銃迅速拡張マガジン

 

グリップ

戦術ラス

 

 

 

8.まとめ

 

 

05式についてまとめると以下の通りです。

  • 05式は短機関銃の一種
  • 威力は30と低めだが連射速度は速い
  • 短機関銃の中では射程距離が長い方
  • 1マガジンの弾数は40とやや多め
  • 小銃ほどではないが中距離でも活躍できる

是非参考にしてみてください。

Follow me!

【荒野行動】武器一覧:05式の基本性能!” に対して5件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です