【荒野行動】二本指の人が勝つコツを紹介!

 

 

今回の記事では二本指の人が勝つために必要な設定画面配置、戦闘中の心構え練習方法を解説していきたいと思います。

 

 

 

目次

  1. 二本指の弱点
  2. 二本指の方におすすめな設定と画面配置
  3. 二本指の方に知っておいて欲しい心構え
  4. 二本指の方向けの練習方法
  5. 私も未だに二本指でプレイしています
  6. おまけ

 

 

 

1.二本指の弱点

 

 

操作が遅くなりがち

二本指の方は三本指や四本指の方に比べて操作のスピードが遅くなります。そのため、予想外の攻撃を受けたときや、瞬発力を必要とする場面で撃ち負けてしまうことが多いです。キャラコンにも限界があり、ジャンプ撃ちは特に遅れてしまいがちです。

 

*キャラコン…キャラクターコントロールのこと。ジャンプしながら撃ったり、伏せながら撃つなどのやり方がある。

 

中距離以上に弱い

三本指と四本指の方は「指切り」という技術を使います。指切りとは、フルオート(射撃ボタンを長押し)ではなく、2発ずつや3発ずつ弾を発射することで反動を抑えるという技術です。これを使うと、遠くの敵にも早くて正確な射撃をすることができます。しかも、これを動きながらすることが可能なので、中距離戦においてよく使われる技術です。しかし、二本指の人はこれが苦手です。なぜなら、動きながら撃つことができなくなってしまうからです。指切りをする時は左側の射撃ボタンを使います。そして右手では反動を抑える動きをしているので、必然的に移動パッドからは手が離れている状態になります。オートランでやる方法もありますが、複雑な動きはできません。なので、二本指の人が指切りを使うとすると、遮蔽物に隠れながら撃つしかありませんので、開けた場所で敵にバッタリ会ったときはかなり厳しいです。

 

 

 

2.二本指の方におすすめの設定と画面配置

 

 

高感度にしよう

操作が遅くなるという弱点を克服するために感度の設定はやや高めにしておきましょう。いきなり大幅に高くすると難しいので徐々に高くしていきましょう。キャラコンの不便さは解消されませんが、エイムを合わせる速さが向上するはずです。また、射撃スコープ感度はスコープ感度よりやや低くしておくことをおすすめします。そうする事でエイムの微妙なズレを修正しやすくなります。

 

伏せボタンとダッシュボタンを左側に持ってこよう

伏せ撃ちや伏せキャンなどをしたい方は、伏せボタンとダッシュボタンを自分が押しやすいところに持っていきましょう。「設定」→「操作設定」→「画面レイアウト」で画面の配置を変更できます。私のおすすめは移動パッドの近くに二つのボタンを置いておく事です。しかし、もっとやりやすい方法があったら、そっちを採用してください。

 

*伏せキャン…伏せ撃ちキャンセルのこと。伏せボタンを押した後、ダッシュボタンを連打すると伏せ状態から素早く立ち上がることができ、敵のエイムをずらすことができる。

 

右リーンボタンを右側に持ってこよう

これもお好みですが、私は右側に右リーンボタンを持ってくることをおすすめします。その方が「右リーン」→「スコープを覗く」→「撃つ」の流れがスムーズになりますし、移動パッドを動かしながらプレイすることができます。

 

*右リーン…右に上体を傾けること。遮蔽物に身を隠しながら撃つことが可能になる。左リーンもあるが、右リーンほど使用されない。

 

3.二本指の方に知っておいて欲しい心構え

 

 

中距離以上の戦いを避ける

指切りができる三本指や四本指の方が中距離は有利です。なので、中距離戦や遠距離の戦いはできるだけ避けましょう。しかし、無闇に逃げるのも危険ですので、何でもかんでも撃ち合うなということではありません。例えば、皆さんは倒せる見込みもないのに、遠くに敵を見つけたらすぐに撃とうとしていませんか?これは非常に危険です。そう言った無理のある戦闘を避けていった方が良いということです。

 

手榴弾やガス弾を利用する

手榴弾やガス弾は距離が離れた戦いを有利にします。敵が隠れているところに投げることで相手にダメージを負わせ、回復している間に逃げたり、場合によっては距離を詰めることもできます。しかし、相手も同じことを考えていたり、頭を出す瞬間を狙って狙撃してくるかもしれないので、注意が必要です。

 

 

 

4.二本指向けの練習方法

 

 

近距離を得意になろう

近距離は二本指でも練習すれば勝てるかもしれません。高感度に慣れておけば素早くエイムを合わせることができますし、キャラコンも慣れればまあまあ上手くなります。なので、二本指で勝ちたかったら、近距離を練習しましょう。射撃場に出現するbotをできるだけ素早く倒せるようになりましょう。さらに上達したい場合は団体競技場の「オールド街」にいきましょう。

 

手榴弾やガス弾を投げる練習をしよう

射撃場では手榴弾やガス弾を投げる練習もできます。自分が思った通りの場所に投げることができるのが理想です。また、試合でも意識的に使うことによって、技術が向上していきます。

 

動きながら狙撃銃を撃つ練習をしよう

動きながら遠くの敵を倒す練習をしましょう。最初はうまくいかないと思うので、botではなく的を狙うようにしましょう。このとき、ずっとスコープを覗きながら撃つと動きが遅くなってしまい、敵から打たれやすくなってしまうため、スコープを覗く前にある程度エイムを合わせておきましょう。狙撃銃を使わない方は指切りの練習をしてみても構いませんが、使うタイミングには気を付けましょう。

 

 

 

5.私もいまだに二本指でプレイしています

 

ゲームを始めてしばらく経ちますが、私は二本指を止めるつもりはありません。今辞めたら今までに手に入れた技術が無駄になってしまうからです。また、私は全然下手くそですが、猛者の方の中にも二本指でプレイしている人が、ごく少数ではありますがいるようです。なので、皆さんも諦めずに練習してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です